AbcdeFlat【求める人材について】






求める人材について

仕事のクオリティー、こちらが頼んだことをやり遂げる遂行能力が大事なのは言うまでもないことですが、なんと言っても、一番重要なのは、信頼感が持てることではないかと思います。なかでも、約束への信頼性が一番です。少人数で運営していますので、当日欠勤や直前の欠勤があると、大混乱となりますので、出勤は信頼感の前提になるかと思います。病気とか急な用事とか、それぞれの事情はあるのでしょうが、先約を優先する心意気があるのとないのとでは、こちらに伝わってくるものが違います。そして、見えないところも手を抜かない責任感の有無も伝わってくる様に思います。また、仕事を楽しんでいるか、仕事を嫌っていないかと言うことも重要な要素だと思います。ため息をついたり、しんどいしんどいと、ふて腐れて嫌々であったり、負のオーラ全開の人よりも、前向きに仕事に取り組んでいる人にやってもらいたいと思うものであり、そういう人の方が仕事レベルの向上につながり、将来性を感じます。

次に、仕事のクオリティーですが、例えば、清掃業務においては、やはり、ダスキン並みの仕上がりが常に可能な場合なら評価は高いですし、そのレベルへ到達可能そうなら、こちらの期待は高くなります。何度お願いしても、相変わらず一般家庭の清掃レベルであったり、それ以下であったりする場合は、残念ながら評価は低くなってしまいます。他のページも書きましたが、清掃は、誰にでも出来る仕事であると思われる一方で、スキルのレベルは大きく異なります。初心者であっても、細かなことに気がつき、丁寧な仕事が出来る人がいる一方で、ただただ長い経験があるからと言っても、仕事のレベルは、とてもプロの仕事と呼べない様に思える場合があります。

例えば、私のマンションであっても、天井を見上げてみると、天井には蜘蛛の巣が残り、換気扇がホコリだらけのままであったり、サッシ窓のレールには髪の毛が残っていたりして、これでは、とてもプロの仕事とは言えないと思われることがよくあります。当方の清掃のプロ出ないので、すぐには気がつかないことが多いのですが、顧客を待つ間など、部屋に入って、じっくりと、周囲を見ていると、様々な掃除のやり残しが目に付いてきます。これが家庭生活であれば、小姑根性と非難されるところかもしれませんが、プロの清掃という観点からすると、必要なものかもしれません。個人の資質について言うならば、先天的な向き、不向きがあるのか、それとも、ちょっとしたコツを習得しているのか否かの違いによるのかは分かりませんが、仕事を早く終わらせようと、慌てて、乱雑な仕事をするのではなく、丁寧な仕事をされ続けると、仕事のレベルが上がるのではないかと思ったりしています。プロレベルの清掃は、平易なものではありませんが、なるべくそれに近づく様にして頂ければと思っています。このことは、清掃以外の他の業務についても、同様のことが言えるのではないかと思います。

仕事の信頼性について言えば、依頼した仕事を責任感を持って遂行して頂くことにつきますが、その中でも、最も重要なことは、当日・前日からの突然の欠勤の有無にあります。また、向上心・やる気ということについて言えば、何事にも前向きに成し遂げようとする姿勢が感じられ、こちらの依頼にたくさん応えて下さる人の方が評価は高くなります。とはいえ、他の仕事との掛け持ちの方の場合、仕事を依頼してもタイミングが合わないのは、あるのはやむを得ないとは思っています。また、いくら、受注割合が高くても、あれは出来ない、これは出来ないということが多かったり、こちらが依頼したことを正確に理解して、遂行して頂けないと、こちらも依頼する気力をなくしてしまいます。さらに、理解力について言えば、天井やエアコンのホコリも取って欲しいと依頼しても、忘れているのか、手抜きをしているのか…、すみずみまでの拭き掃除を依頼しても、適当な掃除機がけで終わらせてしまうとか…。理解力というのか、信頼性の問題なのか、分類を考えると難しくなりますが、こちらの言わんとすることは伝わるかと思います。最後に、些細なことではありますが、メールでのやりとりや電話などでの簡潔性や迅速性、正確さや礼儀なども気になるところです。単純なことなのに、長々とチャットの様なやりとりが続くのも困れば、一日たっても返事がなかったり、正確にメールを読まず、こちらの意図が理解出来ずに、誤解して作業をされても困ります。

評価の基準(とりあえず、清掃業務について記入しておきます)

  1. 信頼性(30):当日・前日のキャンセルのなく、依頼した仕事の遂行に信頼が持てれば(30)、当日・前日のキャンセルが1回だけあったけれど、信頼がある場合(10)。2度以上、ドタキャンがあったり、依頼した仕事内容の間違いが多かったり、意図通りでないことが多い場合など、信頼が持てない場合(0)
  2. 技術(30):ダスキン並みの仕上がりが常に可能な場合なら(30)、それに準じる場合なら(20)、通常の家庭レベルなら(10)、それ以下なら(0)
  3. やる気・向上心・理解力(30):依頼の受注割合が100%で、向上心(何事にも前向きに成し遂げようとする姿勢)が感じられ、こちらの依頼を理解することが出来る場合(30)、受注割合が100%ではないが向上心が感じられ、ある程度の理解力がある場合(20)、向上心が感じられない場合や受注割合が20%以下の場合、こちらの依頼の意図をくんだ作業が出来ない場合などいずれか一つが該当した場合(0)
  4. その他(10):メールでのやりとりの簡潔性、迅速性、正確性、礼儀など。極めて高評価だと思われる場合(10)、通常レベル(例えば、メールの返事が12時間以内であるなど)(5)、そうでない場合(0)。

こちらの希望をあれこれと書いていますが、仕事の発注・受注はお互い様のことであり、仕事を受けて頂く方が、こちら(発注者)に望むことや疑問があれば、問い合わせて頂ければ、なるべく答えていきたいとは思っています。とりあえず、以上、参考までに、清掃業務における評価基準を提示しておきましたが、評価は、なるべく客観的なものにしたいと思ってはいますが、最終的には、発注者自身の主観性が含まれることはご了承下さい。現状、精勤手当は、総合評価が80以上の方、皆勤手当は、皆勤でかつ仕事の受注割合が高く、総合評価が70以上の方にお渡ししています。すでに来て頂いている方で、自分の評価が知りたい方はメールで問い合わせて下さい。








       






[アルバイト募集・求人のページ]

[正社員募集・業務委託スタッフ募集のページ]

[問い合わせ]






[abcdeFlatTOP]